About our products

ソフトクロールとは

確かな有効性
  1. ホーム
  2. ソフトクロールとは
  3. 確かな有効性

確かな
有効性

食中毒菌を瞬間除菌

危険な食中毒菌やウイルスを
強力に殺菌します。

抗菌スペクトルが広くほとんどの食中毒菌・ウイルスを除菌します。また使い方によって噴霧による除菌、
消臭効果や保存効果にも有効であると報告されております。

ソフトクロールの殺菌効果試験

供試細菌

■Staphylococcus aureus ATCC25923 黄色ブドウ球菌
■Enterococcus faecalis ATCC29212 腸球菌
■Escherichia coli ATCC25922 大腸菌
■Pseudomonas aeruginosa ATCC27853 緑膿菌
■Klebsiella pneumoniae ATCC13883 肺炎桿菌
■Salmonella typhimurium ATCC14028 多剤耐性サルモネラティフィムリウム
■Salmonella enteritidis IFO3313 サルモネラ菌
■Salmonella cholerasuis JCM1652 サルモネラコレレスイス
■Bacillus cereus JCM2152 セレウス菌(芽胞菌)
■Bacillus subtilis IFO13722 枯草菌(芽胞菌)

試験結果

ソフトクロール (物性値 : ph4.99 26.9℃ 有効塩素量 89mg/L)

菌名 5秒 15秒 30秒 60秒
S. aureus ATCC25923 - - - -
E. faecalis ATCC29212 - - - -
E. coli ATCC25922 - - - -
P. aeruginosa ATCC27853 - - - -
K. pneumoniae ATCC13883 - - - -
S. typhimurium ATCC14028 - - - -
S. enteritidis IFO3313 - - - -
S. cholerasuis JCM1652 - - - -
B. cereus JCM2152 + + - -
B. subtilis IFO13722 ± - - -

有効塩素量80mg/L以上であれば、検討したすべての菌に対して優れた効果を示した。(昭代学藤が丘病院 組織培養室にて)

有効塩素とph値の関係(アルコールとの比較)

明らかにアルコールよりソフトクロールの方が殺菌効果があるという結果が出ました。

通常時の写真
通常
アルコール使用時の写真
アルコール
ソフトクロール使用時の写真
ソフトクロール

公的な機関での実証

一般財団法人 日本食品分析センターでの、試験液の生菌数測定結果によると、カンピロバクター大腸菌(O157)などにも、有効な数値を示し、ソフトクロール使用後には、菌の検出は見られませんでした。

試験液の生菌数測定結果
ページトップへ